釜平 
所在地:宮城県大崎市古川旭1-14-3
電話:0229-23-3852
営業時間:11:00~14:30/17:00~20:30(曜日で変動あり)
定休日:無休

店の存在は前々から知っていましたが、今回が初訪問。場所は古川駅東口のイオンの隣にあります。駅からも近くて絶好の立地。広めの駐車場もポイントが高いです。年季を感じる看板に店名の「釜平」。かまへいと読むのか?今回は事前調査無しでの訪問なので、お勧めメニューがわかりません。すると玄関先に「宮城に一番辛いラーメンここにあり」と主張…。「宮城」なところが謙虚です(笑)入店すると店内は広く、カウンター、テーブル、小上がり席があります。カウンターに案内され早速メニューを確認する。なるほど、激辛系のユニークなラーメンが沢山あります。普通のラーメンもあるのですが、折角なので激辛系のメニューから、一番無難そうな「ほどよい辛さの味噌南蛮らーめん」850円を注文してみました。完成したラーメンは真っ赤っかです。ラーメン上の赤い物体は唐辛子で赤く染まったひき肉でしょうか?スープも真っ赤で濃厚です。思い出すだけで頭皮が熱くなるようです。刺激的な辛い系ラーメンは無性に食べたくなることがありますが、今回のラーメンは手強そうです。油断したわけではありませんが一口目から、思い切り咽せてしまいました。これがほどよい辛さなのか…水を飲んで呼吸を整え…しばし呆然。そして注文を後悔。ギブアップもできませんし慎重に食べるしかありません。中華麺はご覧の細麺でした。残念ながら味の記憶はございません。途中から汗が止まりません。ハンカチで汗を拭き、ヒリヒリする口をティッシュで拭い。もう辛いのか熱いのか分からないくらいです。普段の倍近く時間をかけ麺と野菜は完食。流石にスープは飲めません。食べ終えた頃スタッフが声をかけてきました。あまりにも苦戦してたので気になったのでしょう。話を聞くと、私の食べたタイプは初級らしいです。最高のやつは、10倍以上も辛いらしいです。そんなの食べる人いるんでしょうかね~「宮城に一番辛いラーメンここにあり」は、たぶん間違いないです。でも、こうして思い出すと、あれ程苦戦したのに、また食べたくなるから不思議です。(2018/10)




 
Copyright (C) ゴジラの隠れ家 All Rights Reserved